管理対策(災害)

低温や暴風雪等に伴う農林水産業用施設及び農作物等の管理対策について2016年01月18日

新潟地方気象台が1月14日14時30分に発表した「低温と大雪に関する
異常天候早期警戒情報(北陸地方)」によると、1月19日頃からの約1週間は
気温が平年よりかなり低くなること(7日平均で地域平年の気温より-2.1℃以下)が
予想されます。また、降雪量もかなり多くなる見込み(7日間降雪量で平年の199%
以上)です。
また、1月18日5時52分同気象台が発表した「暴風雪と高波及び大雪に関する
新潟県気象情報第4号」では、18日夜から19日にかけて非常に強い風が吹き、
上中下越の陸上で最大風速が20メートル、佐渡の陸上で23メートルに達する
見込みです。

  このため、新潟県が「低温や暴風雪等に伴う農林水産業用施設及び農作物等の
管理対策」を策定しましたので、お知らせいたします。

低温や暴風雪等に伴う農林業用施設及び農作物等の管理対策はこちらからご覧ください。


○参考 気象庁 気象情報 新潟県
http://www.jma.go.jp/jp/kishojoho/323_index.html

ページの先頭へ