管理対策(災害)

大雨に伴う農作物等の管理対策について2021年08月24日

本日令和3年8月24日11時11分に新潟地方気象台から「大雨に関する新潟県気象情報 第1号」が発表されました。

以下抜粋ーーーーーーーーーーーーーーー
新潟県では、24日夜遅くから25日夕方にかけて1時間に30ミリの雷を伴った激しい雨が降り、大雨となる所があるでしょう。
24日12時から25日12時までに予想される24時間降水量は、いずれも多い所で、
下越 100ミリ
中越 80ミリ
上越 60ミリ
佐渡 80ミリ
その後、25日12時から26日12時までに予想される24時間降水量は、いずれも多い所で、
下越 100から150ミリ
中越 50から100ミリ
上越 およそ50ミリ
佐渡 50から100ミリ
前線の活動が予想以上に活発になった場合は、警報級の大雨となる可能性があります。
また、これまでに降った雨により地盤の緩んでいる所があり、今後少しの雨でも土砂災害の危険度が高まるおそれがあります。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ついては、参考として、新潟県農林水産部より昨年8月7日に発出した「大雨に伴う農作物等の管理対策」が提供されましたので、技術指導を徹底願います。
※管理対策中、2大豆については、(1)、(2)のみ参考としてください。

詳細はこちらをご覧ください。
 

ページの先頭へ